ホルモン補充療法で確実な効果【自分に適した処方を】

中年女性

ホルモン減少を抑える療法

薬

治療の方法

ホルモン補充療法とは、減少したエストロゲンを補充する医療療法です。また、女性であれば子宮を有しているので黄体モルモンというプロゲステロンも一緒に投与する必要があります。ホルモン補充療法は、飲み薬での処方と貼り薬や塗り薬の処方2種類あります。飲み薬は大きく分けて3種類、貼り薬と塗り薬は大きう分けて2種類があります。飲み薬は肌が弱い方におススメされている薬です。また、塗り薬貼り薬は胃腸や肝臓に負担が少ないため、胃腸が弱い方におススメできる治療方法です。また、漢方薬や抗うつ薬や抗不安薬などによる治療も、症状によっては使用されることがあります。薬や治療方法を処方してもらう際、カウンセリングなどでしっかりと症状を伝えることで、最適な治療方法を提案してもらえます。

療法の主な効果

ホルモン補充療法は、ホルモンの数が減少することによって発祥する様々な症状を改善することができます。例えば、のぼせやほてりなどのホットフラッシュや発汗などの血管運動系の症状の改善や動悸や知覚異常などの自律神経系の不調の改善に期待できます。また、閉経後に起きてしまう骨粗しょう症の予防や改善、泌尿器生殖器の粘膜が萎縮や乾燥して起こる症状の改善の効果もあります。他にも悪玉コレステロールを減らし善玉コレステロールを増やすことで脂質異常を改善したり、不眠症の改善やコラーゲンを体内で増やし肌のハリや潤いを改善することができます。ホルモン補充療法の効果は、治療を開始してから数日後あたりから実感することが多いといわれています。

最近老け顔になったかも

たるみ

ほうれい線は、クリニックのプチ整形といわれる治療法で簡単に治すことができます。その方法は、ヒアルロン酸の注入。その日からふっくらして、ほうれい線はすっかり目立たなくなり、それが3カ月間キープできるという魅力的な治療方法なのです。

老け顔の原因を解消

たるみ

頬のたるみを解消するには、様々な施術があります。注射や糸を使ったリフトアップ、手術など、それぞれの条件に合う施術を適切に選び、治療後は生活習慣に気をつけ再び頬のたるみを作らないように心がけることが大切です。

メスを使わないわきが治療

多汗症

ミラドライは、マイクロ波エネルギーを利用した脇汗や脇のにおいの治療に用いる機械です。メスを使うことなく、長く効果を持続できるほか、施術の時間が短く、体にあまり負担がかからないことがメリットに挙げられています。